TERN

ここでは、TERN に関する情報を紹介しています。
ci-516488_14.jpg
2019 TERN CLUTCH レッド

TURNの「ROJI BIKES」シリーズは、ストリート性におけるデザインやアート性を追求したモデルです。
と同時に、日本人が乗る為にフレームサイズによりホイールサイズが異なるのがポイント。

(420、480、510サイズは650C / 540は700C)
(´・ω・`)カラーリングは6色展開で、サイズ&カラー別にオーナーの好みに合わせて選択可能。
注目すべきポイントは以下の通りになると思います。
①わずか5万円台で、デザイン性の高いバイクが入手可能。お財布に優しい。
②変速操作がし易い。後ろ(リア8速)仕様。つまり最初から、24段変速など多段仕様ではないシンプルさ。
あえて、シングルスピードにせず、ワイドな8段変速ギアを用意してくるあたり、よく考えてあるバイクだと思う。
③デザインになんとセミエアロ形状を取り入れている。ストリート性の高いデザインだ。
④日本人の体格にあわせて420、480、510サイズのホイールはコンパクトな650C。つまり欧米人向けの大きな700Cホイールではないので、扱い易いバイクなのだ。(やはり小柄な方に好評の様で、420(145-155cm)サイズから売れていく傾向がある。



まとめると、デザインも仕様もオーナー次第で変化してくれる、本格的ストリートクロスバイクだ。
やっぱり日本人デザイナーが考えたモデルだけあって、日本人の体格に適した仕様になっていると思う。
ci-516488_13.jpg
2019 TERN CLUTCH ガンメタル
ci-516488_12.jpg
2019 TERN CLUTCH ライトブルー
ci-516488_11.jpg
2019 TERN CLUTCH オレンジ
ci-516488_7.jpg
2019 TERN CLUTCH マットブラック
ci-516488_8.jpg
2019 TERN CLUTCH ホワイト
ci-516488_9.jpg
2019 TERN CLUTCH ライムグリーン
(´・ω・`)ちなみに一番人気のカラーリングが、このライムグリーンだ。
確かに他のクロスバイクにはない、テイストだと思う。
ci-516488_10.jpg
フレーム Tern x Kitt design Alloy semi Aero frame
ci-516488_15.jpg
リアディレーラー Shimano, RD-M310-L, Altus, 8spd.
クランクセット Kitt Custom Alloy Crank, 44T, W/Alloy CNC Chain Guard, 420 :165mm / 480/510/540 :170mm
カセットShimano, CS-HG31, 11-32T, 8spd.
ペダル Plastic Black

見ての通りクランク部にガードが用意されているので、着用する衣服を巻き込まない工夫が施してあります。
フロントシングル×リア8速仕様ですが、幅広いギア比(11-32T)設定なので街乗りでも十二分にカバー出来ます。
(通常の3×8=24段変速の約71%をカバ一するだけの、ワイドなギア比)
ci-516488_17.jpg
ステム 3D Forged Alloy Threadless stem, 25.4ø / 420 :70mm, 480 :80mm, 510 :90mm, 540 :100mm
ハンドルバー Kitt Custom Flat-bar, 25.4ø / 420,480 :500mm, 510,540 :520mm
グリップ Biologic, Arx Grip

シフター Shimano SL-M310, Altus, Rapidfire, 8spd.
BioLogicのエルゴ形状ロックオングリップを採用。
基本的にクロスバイクはドロップハンドルとは違いハンドルを握る箇所を変更できない。
だから、エルゴ形状のコンフォート系グリップで手首の負荷を減らす試みをしている。
(意外に、長時間乗るとこのコンフォート系グリップの効果を体感できる)

またシフター(変速機)はこのアルタスRapidfireだけで、行う事になる。
実に変速操作に関しても、シンプルだ。
ci-516488_20.jpg
TERN CLUTCH は上半身上向きなポジションをとる事が可能。
逆にスペ一サ一を入れ替え、レーシーな前傾姿勢を取る事もOK。
(´・ω・`)オーナーの好みに合わせて、姿勢まで対応出来る懐の深いクロスバイクと言えよう。
ci-516488_18.jpg
フロントブレーキ Alloy Forged Caliper Brake
ci-516488_19.jpg
フォーク Hi-tensile straight fork
フロントホイール Kitt Custom Crow 3.0 Wheel Set, 30mm Height, F :24H / 420,480,510 :650C, 540 :700C
650Cサイズのホイールだと、フレームにまだ余裕を感じますね。
入り組んだ街乗りの際、カーブなどをスムーズにこなせそうです。
ci-516488_21.jpg
見ての通り、ダウンチューブは単純な丸形ではなく、エアロな形状だ。
やはりストリート系バイクと言ったら、エアロですよね。
とはいえ、通常のエアロ系クロスバイクって結構値段が張る。
5万円台とはいえ、なかなか面白い試みをTERN CLUTCHはしていますよね。
自転車 キャリパーブレーキ仕様 クロスバイク TERN ターン 2019年モデル CLUTCH クラッチ [完成車]《P》
スポンサーサイト